オンラインカジノの誕生

インターカジノ

現在スマートフォンでも手軽に楽しめるオンラインカジノですが、初めはどのようにして生まれたのでしょうか。インターネットというものの普及とともに、広がってきたと予測はつきますが、ギャンブルという性質上、お金が絡むので難しい問題も多かったようです。

オンラインカジノの誕生

オンラインカジノが産声を上げたのは1994年です。イギリス連邦加盟国である.アンティグア・バーブーダでギャンブルを認可する法令が発行されました。この小さな島国の法律上の動きが、その後のオンラインカジノの産業を一気に大きく動かしました。翌年初めてのオンラインカジノが産まれ、それ以降も、アンティグアでオンラインカジノ運営認可を得るためのライセンスの発行を申請する企業が増え、現在でもアンティグアを拠点として経営しているギャンブル団体がたくさん存在します。

プレイテック

オンラインカジノのゲームソフト会社

現在でも最大手のオンラインカジノのゲーム会社であるマイクロゲーミング社は、世界で初めてオンラインカジノのソフトを開発した会社です。イギリス領のマン島に拠点を置き、その後参入してくるオンラインカジノサイトにソフトウェアを提供することによって、オンラインカジノの未来を切り開いたと言っても過言ではないでしょう。また、クリプトロジック社は、オンラインで金銭取引をする危険性を引き下げ、安全に取引ができるセキュリティソフトを提供したため、世界初のオンラインカジノであるインターカジノの設立を助けました。

オンラインカジノ拡大までの障害

現在は非常に大きな市場築いているオンラインカジノですが、その道のりは決して平坦なものではありませんでした。特に法律上の問題は大きく、反対する声も多々ありました。特に、アメリカではオンラインギャンブルから人々を守るための反対キャンペーンなどが何度も行なわれ、市民権を得るまでに非常に時間がかかりました。

オンラインカジノ資産

オンラインカジノの収益の拡大

オンラインカジノはその誕生から鋳型上がりで収益を伸ばしています。具体的な数字は定かではありませんが、世界規模で見ると1997年には10億ドル、2001年には30億ドル、2006年には150億ドルと言われています。現在では更に大きな収益になっているでしょう。アメリカ国内の法律改正によって、一時期市場規模が縮小した年もありましたが、基本的には増え続けており、日本国内でもオンラインカジノのプレイヤーは増加傾向にあります。

まとめ

オンラインカジノが誕生してから現在までの歴史を振り返ってみました。これから先も大きくなり続けていく市場だということがご理解いただけたのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。