長い間使われ続けている攻略法

攻略法の知識次第で勝率が大きく変わる

攻略法の知識次第で勝率が大きく変わる

パチンコ、パチスロ、競馬、競輪。
どんなギャンブルにも攻略法というものが存在します。

ギャンブルは結局は運勝負と思っている方も多いと思います。
しかし、数回程度のギャンブルならば運勝負でもプラス収支で終えることができるかもしれませんが、ギャンブルの回数が増えれば増えるにつれ、プラス収支で終えることが難しくなっていきます。
ギャンブルには使った金額に対し払い戻された金額の割合を示すペイアウト率というものがあります。

ペイアウト率は当然のことながら100%未満に設定されています。
100%でお店側の利益がゼロとなってしまい、100%を超えるとお店側の利益はマイナスとなってしまうのでこれは当然のことです。
パチンコで80%、競馬で70%、宝くじで40%とペイアウト率はギャンブルにより大きく違いますが、オンラインカジノはそうした他のギャンブルを遙かに凌ぐ96%超ものペイアウト率となっています。

そのため、負けにくく勝ちやすいギャンブルとしても知られていますが、しかし運だけのプレイで回数を重ねていくにつれ、最終的にはそのペイアウト率96%の枠の中に収まってしまいます。
いくらペイアウト率が高いとはいっても、最終的にマイナス収支という結果を迎えることとなります。
そこでマイナス収支にならないようにするために役立つのが攻略法です。

そのゲームの特性から負けないための勝負を行うというのが攻略法の目的です。
負けない勝負を行えるようになることによって、勝率は大きくアップし、勝負の回数が増えてもプラス収支で終えることができるようになります。
ギャンブルで遊びたいのではなく、利益を残したいと思うのなら攻略法を知ることがなによりもの近道となります。

マーチンゲール法は負けない攻略法

マーチンゲール法は負けない攻略法

オンラインカジノで利用できる攻略法は様々あります。
カジノが登場した当初に生まれた歴史ある攻略法から最近生まれた攻略法まで、オンラインカジノでは多くの攻略法を利用することができます。
しかし、そのような多くの攻略法の中でも負けないことを前提に作られた攻略法がマーチンゲール法です。

マーチンゲール法はどれだけ負けが続いても1回の勝ちでその負け分のマイナスをプラスに変えることができます。
こうした1回でも勝てば負け分を取り戻せる攻略法であるためマーチンゲール法は負けない攻略法として知られています。

マーチンゲール法は利用するにあたって特別計算したり、予想をしたりする必要がありません。
ですので、攻略法というもの自体に不慣れであっても、またオンラインカジノにまったく触れたことがないという方でもすぐにゲームに活かすことができます。

マーチンゲール法の使い方

マーチンゲール法を使用するには、まず勝率が50%、勝った場合の払い戻しが2倍のゲームを選択します。
マーチンゲール法をもっとも使用しやすいのがルーレットです。
ルーレットは赤または黒の勝率50%でベットできるので、マーチンゲール法にはうってつけのゲームです。

バカラにもバンカー、プレイヤーのどちらかに賭ける勝率50%のベット方法がありますが、プレイヤー、ディーラーの質で勝敗が偏る場合もあるので、やはりマーチンゲール法を使用するならばルーレットが一番でしょう。

それではマーチンゲール法の使い方についてご説明します。
マーチンゲール法を始める際にはまずベットサイズを決めます。
慣れてきたらベットサイズを大きくしてもよいのですが、慣れるまではミニマムベットにしておくのがよいでしょう。
それでは、ミニマムベットが1ドルとした場合で進めていくことにします。

1ドルを賭け、勝った場合は手持ちは2ドルとなりますが、負けた場合マイナス1ドルとなります。
勝った場合はまた同じく1ドルを賭けて勝負を続けていきます。
しかし負けた場合は前回負けた時の倍をベットします。
ここでは1ドルベットしているので、次のゲームでは倍の2ドルをベットします。
そうして2ドルをベットし2回目のゲームに勝つと、2ドルが払い戻されるので、先のマイナス1ドルと合わせるとプラス1ドルとなります。

マーチンゲール法では負けが続いた後の勝ちは必ず決めたベットサイズ分プラスとなります。
ここではベットサイズを1ドルとしているので、負けの後の初めの勝ちでは、必ずプラス1ドルとなります。
1回目を負けたと仮定し、2回目でも負けてしまうこともあるでしょう。
その場合は次に2回目のベット数2ドルの2倍である400ドルをベットします。
3回目でも負けてしまったら4回目では800ドルを、4回目でもまた負けてしまったら5回目では1600ドルをと、直前のベット数の倍のベットで勝負していきます。
そうすると負けが立て続いても、たった1度の勝ちで負け分をなくすことができるので、ある程度の自己資金があればその日の収支を常にプラスにした状態で終えることができます。

マーチンゲール法の急所

マーチンゲール法の急所

マーチンゲール法はこのように負けないということに重点を置いた攻略法ですが、ベットサイズを大きくしてしまうと連敗により資金不足に陥ってしまったり、ベットリミットに触れてしまったりする可能性があるので、ベットサイズはできるだけミニマムベット付近に設定することをお勧めします。

しかし、ルーレットの勝率50%という環境においては、5連敗する確率は32分の1とかなり低く、これが10連敗となるとその確率は1024分の1と極めて低くなりますので、まずこうした長い連敗が発生することはないと言えるでしょう。
オンラインカジノでとにかくプラスの収支を目標にしたいという方は、1度このマーチンゲール法を実践してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください