オンラインカジノに軍資金を投入する方法

海外で運営されているオンラインギャンブル

海外で運営されているオンラインギャンブル

「365日24時間利用可能」
「ペイアウト率98%」
「ジャックポットによる最高賞金20億円以上」
と、オンラインカジノにはその他のギャンブルを遙かに凌ぐ魅力があります。

日本には賭博罪という法律があるため合法ギャンブルとは認められていませんが、違法ギャンブルの定義にもあてはまらないため、立ち位置はパチンコと同じグレーゾーンとなっています。
そのため、まだ日本国内では爆発的な人気とはなっていないですがその人気は年々上昇しています。

オンラインカジノを利用してみたいと思う方も多いと思いますが、利用を開始する前にまず知っておいて頂きたいことがあります。
それはオンラインカジノが海外で運営されているギャンブルだということです。

日本国内のギャンブルであれば入金も簡単ですし、そのまま日本円を使えるので利用にあたってつまづくことはありませんが、オンラインカジノは入金するにも海外宛てとなりますし、日本円ではなくドルやユーロで取り扱われることになります。
オンラインカジノの中には完全日本語対応のところも少なくないのでアカウントの開設は誰でも簡単に行えます。
ですが、実際にオンラインカジノを利用するにはオンラインカジノ口座へ入金しなければなりません。
入金方法はオンライン決済サービスをはじめ多く準備されていますが、そのオンライン決済サービスへの登録も必要となるので、すぐに遊びたいと思っていても数日待たなければなりません。
また、オンライン決済サービスによりその利用の仕方が違っているので、オンライン決済サービスへの登録後も手間となる点が発生します。

オンラインカジノを利用する場合は、オンラインカジノが海外で運営されているギャンブルということを頭に置き、その海外間での入出金についても事前に考えておく必要があります。

クレジットカードなら手間いらずで入金できる

クレジットカードなら手間いらずで入金できる

オンラインカジノの入金方法は、オンラインカジノによって採用しているサービスが違います。
現在のところ、一番多く採用されているのはエコペイズやアイウォレットをはじめとしたオンライン決済サービスです。

しかし、オンラインカジノの中にはオンライン決済サービスの他にクレジットカード入金を可能としているところがあります。
クレジットカード入金は、オンラインショッピングとほとんど一緒で、違うのはカード情報の入力の他に入金額を自分で決めるということだけです。

オンライン決済サービスのように登録する手間も必要としませんし入金額の反映も早いので、クレジットカードを1枚持っていれば、オンラインカジノで遊びたいと思った時にすぐにゲームをプレイすることができます。

嬉しいことにジパングカジノやベラジョンカジノなどの、完全日本語対応のオンラインカジノのほとんどがクレジットカード入金を可能としていますので、オンラインカジノをこれから始めようと思っている方はクレジットカード入金でスタートすることをおすすめします。

クレジットカードでの入金の仕方

クレジットカード入金は利用したいオンラインカジノ側から行います。
どのオンラインカジノでもマイページ内に入金に関する項目を設けています。
その入金項目の中からクレジット決済を選択し、希望する入金額を決め、カード番号、カード契約者氏名、カードの有効期限、カード裏面にある3桁のCVV2を入力します。
入力したカード番号等にミスがなければ即座にオンラインカジノへ入金されます。

ただ、オンラインカジノの中にはクレジットカード入金に対応していないところもありますので、クレジットカード入金でオンラインカジノを始めたい場合は、そのオンラインカジノがクレジット入金に対応しているかどうかを確認しておきましょう。

また、オンラインカジノによっては使用できる国際ブランドが指定されている場合があります。
VISA、MasterCardのみというところもありますので、こちらも事前に確認し、持っているクレジットカードの国際ブランドに対応しているかどうかを確認しておくようにしましょう。

現在クレジットカードへの出金は不可となっている

現在クレジットカードへの出金は不可となっている

クレジットカードでの入金は大変便利なのですが、逆にクレジットカードへの出金は不可となっています。
以前のオンラインカジノでは入金額を上限としクレジットカードへの出金が可能でしたが、現在はクレジットカードへの出金自体が不可となっています。

オンラインカジノから出金するには、電子決済サービスを通すのが現在のところ一般的となっています。
電子決済サービスから国内口座への出金は国際送金が一般的となっていますが、ここ最近になって収納代行サービスを利用した国内銀行振込を採用した電子決済サービスが増えてきています。
日本国内における代行業者を通じて出金を行うため、国際送金の場合と比べて着金スピードがかなり早くなっています。
国際送金の場合は着金までに最長で1週間ほどの時間を要しますが、収納代行サービスを利用すれば国内銀行の3営業日以内での出金が可能となります。

このように現在はクレジットカードでの出金はできなくなっていますので、クレジットカードでの入金後にでも電子決済サービスのアカウントを作成して、後の出金に備えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください