ペイトラ(Paytra)は簡単操作で入出金もスピーディー!

ペイトラ(Paytra)は、使い勝手の良さから注目を集めている送金サービスです。
2019年にサービスが開始され、導入するオンラインカジノが増えつつあります。
PC・スマホで操作しやすく、休眠口座管理手数料などの維持費がかからないことからも人気化しています。

手軽に使えることが魅力のオンライン送金サービス

手軽に使えることが魅力のオンライン送金サービス
ペイトラ(Paytra)は2019年にサービスが開始した新興のオンライン送金サービスです。
特徴的なのがクレジットカード不要で、銀行口座との紐付けで利用できることです。
24時間のオンライン取引が可能な銀行口座を登録すれば、営業日を気にすることなくスピーディーな入出金が可能になります。
不正利用などの観点からクレジットカードの登録を避けたい人や、為替の手数料が余分にかかることが気になる人でも作りやすくなっています。
また、休眠口座手数料など、オンライン送金サービスにありがちな維持費がかからないのも魅力です。
お試しで作っても費用負担が発生しないため、オンライン送金サービス入門としても使いやすくなっています。
PC、スマホのどちらでも簡単に取引が可能で、操作性がわかりやすいことも大きなプラスです。
新興のサービスでありながら採用するオンラインカジノが増えつつあるのは、それだけ使い勝手が良いからです。

ペイトラは振込み以外の手数料がかからない

ペイトラが人気になっているのは手数料の少なさにもあります。
ペイトラに入金する場合は、振込み手数料が必要です。
しかし、出金の手数料は無料で、為替手数料もかからない仕組みになっています。
振込み手数料以外の手数料がゼロになっているため、想定外の費用が発生するということがほとんどないのです。
維持費がかからないことに加え、手数料がかからずシンプルな仕組みになっていることがペイトラを採用するオンラインカジノが増える理由になっています。

別名義の口座への出金不可でセキュリティが強い

名義違いの口座への出金ができないためセキュリティが強い
ペイトラのアカウント開設には免許証などの身分証明証を用意する必要があります。
ここで重要になるのが名義の設定です。
身分証明証と違う名義の銀行口座への出金はできない仕組みで、不正に出金しようとしても保留されるシステムを採用しています。
名義が一致しなければペイトラからお金を引き出すことができないため、セキュリティに不安を感じる人も使いやすくなっているのです。
他人の銀行口座へ振込みたい場合は、一度銀行へ出金して、銀行経由で送金をすれば済みます。
オンラインカジノなど提携店舗との取引のみに使う分には十分で、より安全な仕組みになっています。

紐付ける銀行口座によって使い勝手が大きく変わる

ペイトラは銀行と紐付けて取引を行う仕組みで、24時間のオンライン口座を紐付ければスピーディーな取引ができます。
本人確認書類を事前に用意していれば、登録自体も速く、迅速な入出金が可能になります。
しかし、取引をする銀行が営業時間外であれば翌営業日の取引となってしまうため、入出金の申請は出きても取引に時間がかかることになります。
意識的に制限をしたい場合を除き、ストレスがかかりやすくなる点に注意が必要です。
入金する銀行と出金先の銀行を分ける方法もありますが、管理にも手間がかかることになります。

為替レートが独自なことは注意が必要?

手数料がほとんどかからないのがペイトラの魅力ですが、独自の為替レートを採用していることは把握しておく必要があります。
為替レートはどの市場、どのタイミングで取引するかで大きく変わることがあります。
そのため、同業他社と比較してペイトラの方がレートが悪いということも発生しえるのです。
ただし、為替レートが悪いように見えても、出金手数料や口座の維持費などの費用を考えるとプラスということもありえます。
クレジットカードを利用してコインなどを購入した場合、余分に手数料がかかるケースもあります。
どこに比重を置くかはユーザーや送金サービス、オンラインカジノによって異なるため、ある程度割り切る意識も重要です。

送金・出金の制限まとめ

ペイトラはいつでも、どんな金額でも送金・出金ができるわけではなく、それぞれ最低金額や最高金額が設定されています。
ペイトラに設定されている送金・出金の制限をまとめました。

・加盟店(オンラインカジノ等)への送金
最低US$20から

・金融機関への最低出金額
最低US$50から

・1日の出金限度額
最大US$20,000まで

ペイトラへの入金に最低金額はありませんが、US$20なければ提携店舗への送金ができず、US$50.00なければ自分の口座への出金もできないことになります。
また、1日US$20,000を超える出金ができないため、大当たりを出した場合は日をわけて出金をしていく必要があります。

目的を限って使うなら使い勝手のいい送金サービス

目的を限定して使うなら非常に使い勝手のいい送金サービス
海外通貨の入手金が可能なオンライン送金サービスは手続きが複雑になりがちで、維持にもお金がかかるというケースが珍しくありません。
ペイトラは出金先を登録名義と同じ名義の銀行口座に絞り込むことで、セキュリティを強化しつつ、手続きも簡略化することに成功しています。
送金も提携するサービスに限定されるため、オンラインカジノへの送金と出金などに用途を絞り込んだ場合、非常に使い勝手の良いサービスになっています。
目的を限定した場合は必要な機能も減らせるため、操作が簡単なことも魅力です。
今後、採用するオンラインカジノやサービスが増えていく可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください